>  > MADMAX マッドマックス インジェクション関連 ユミナシ製 インジェクターコントローラー グロム

MADMAX マッドマックス インジェクション関連 ユミナシ製 インジェクターコントローラー Ti2000 グロム SHJ

  • 2010年、島根県を舞台に、出雲の大自然を走る日本最古級電車・一畑電車<デハニ50形>の運転士になる夢を果たす男と、その家族との絆を描いた映画『RAILWAYS 49歳で電車の運転士になった男の物語』。2011年、富山県を舞台に、雄大な北アルプスを背に走る富山地方鉄道の運転士と、定年後の第2の人生を前にすれ違う夫婦のドラマを描いた映画『RAILWAYS 愛を伝えられない大人たちへ』。日本の原風景とも言える美しい景色の中で描かれた2つの物語は、日本中を温かい感動で包み込みました。そして今年、7年の時を経て、シリーズ最新作となる『かぞくいろ−RAILWAYS わたしたちの出発−』が誕生。最新作の舞台は、鹿児島県〜熊本県を結ぶ〈肥薩おれんじ鉄道〉。鹿児島県の阿久根市など、美しく彩り豊かな九州の西海岸を舞台に、愛する人を失った“ふぞろい”な3人の家族の再出発を描いていきます。

  •  夫の突然の死をきっかけにシングルマザーとなった晶は、連れ子の駿也とともに、夫の故郷である鹿児島へ。運転士の仕事一筋で生きてきた義父の節夫と3人で暮らし始めます。晶は、駿也を励ますために運転士を志しますが、血のつながらない息子との関係はなかなかうまくいかず……。母として、不器用ながらも真っ直ぐに生きようとする晶の姿に、これまで家族を顧みずにひとり生きてきた節夫も心を動かされていきます。

  •  亡き夫の連れ子・駿也とともに、夫の故郷・鹿児島で鉄道運転士を目指す奥薗晶役には有村架純。NHK連続テレビ小説「ひよっこ」でみせた真っ直ぐで清廉なヒロインをはじめ、映画・ドラマ・CM、様々なフィールドで活躍し幅広い世代から支持を得ている有村が、母親と運転士という新しい役に挑みます。晶の義父で、鉄道を愛し鉄道に人生を捧げて生きてきた男・奥薗節夫役には國村隼。これまで数多くの作品に出演し、2016年には韓国映画『哭声/コクソン』に出演、韓国最大の映画祭・第37回青龍映画賞男優助演賞などを受賞。名優にして日本を代表する俳優となった國村にとっても運転士役は初となります。また、桜庭ななみ、木下ほうか、筒井真理子、板尾創路、青木崇高、といった実力派俳優陣が集結。奥薗駿也役は、オーディションで選ばれた歸山竜成が演じます。

  •  監督・脚本は、『バースデーカード』などオリジナルストーリーの評価も高い