【送料無料】 145/80R13 13インチ G-CORPORATION ムービンカフェレーベル スイングハート 4.5J 4.50-13 MICHELIN ミシュラン エナジー セイバー サマータイヤ ホイール4本セット


 >  > 【送料無料】 145/80R13 13インチ G-CORPORATION ムービンカフェレーベル スイングハート 4.5J 4.50-13 MICHELIN ミシュラン エナジー セイバー サマータイヤ ホイール4本セット
アーバニズム(urbanism) urbanism UNJ-048 メンズソフトシェルジャケット BLACK LL【smtb-s】            
REMUS マフラー [VW ゴルフ7 AUCPT 1.4TSI マイナー前用] レムスマフラー 正規品 代引手数料無料 送料無料

ページの内容は著作権で保護されています。他サイトへの転載、リンク無しの引用など、著作権に抵触する行為はおやめください。リンクは自由 です。

ロ短調ソナタの迷宮 : 1st ed. 改訂版 (2015.9.16)

Tomoyuki Sawado (Sonetto Classics)



1. 楽曲とその特異性

2. 版の問題(楽譜)

3. 録音史

4. 評価方法

5. ディスコグラフィ・リストとレイティング

6. ブラインド・リスニングによるレビュー

7. 結局のところ、推薦盤は?

8. 謝辞、参考文献

1.楽曲とその特異性

リストのピアノ・ソナタロ短調という曲は、昔からピアニストや聴き手に解決不能の命題を突きつけてきた。この作品を標題音楽とみなすべきか、あるいは純音 楽とみなすべきか。三楽章様の構 成を持つソナタと捉えるべきか、あるいは単一楽章の幻想曲と捉えるべきか。数多くのテーマと提示部、展開部、再現部の関係はどのようなものか。ライトモ チーフは何を 意味するのか。何より、リストは30分のミクロコスモスの中で何を表現しようとし、何を成し遂げたのか.................。

こういった事を知るには、まずは楽譜を読み、過去の演奏を聴くのが手っ取り早いのだが、事はそう簡単ではない。ピアニストでリスト研究家のレスリー・ハ ワードによれば、この作品の初版楽譜にはいくつもの記載ミスがあり、しかも古くからの慣習によって、不適切に演奏されつづけているのだという (Edition Peters/Liszt Sonata B minir/Leslie Howard (2011)。

その一例が低いGから始まる冒頭8小節目の跳躍音型で、コルトーやホロヴィッツの影響で、多くのピアニストが最初のGを強音で弾く。ハワードは、 このGは本来ならば弱音であるべきで、フォルテは次の小節の高いGから始まるべきだ、と断言する。テーマが9小節目から始まるからだ。ハワードは、数多く のピアニストがこういった細かな「誤り」を様々な箇所で犯 し、楽譜に書いていないテンポの増減、音符、強弱を不適切に加えている、と手厳しい。そして、ハワードは最後のBは単音の最低音で無ければならず、

【送料無料】 145/80R13 13インチ G-CORPORATION ムービンカフェレーベル スイングハート 4.5J 4.50-13 MICHELIN ミシュラン エナジー セイバー サマータイヤ ホイール4本セット熱い通販中

、初版楽 譜に従ってオクターブで弾く数多くの演奏は間違い、とする。

とすれば、現在発表されている数多く の録音から学ぶことはないのだろうか。確かに 19インチエルグランドE52系AXEL  アクセル ヴェルス ブラック/ブラッシュド 7.5Jx19プロクセス C1S 245/45R19、楽譜にあるリストの意図を 知っておくことは、全てのピアニストにとって重要だ。しかし同時に、楽譜至上主義に走りすぎると、リストの本質を逃してしまう恐れがある。というのも、他 ならぬリ スト自 身が偉大な即興演奏家であり、演奏に当たっては楽譜をそれほど重要視しなかった、という事実があるからだ。

それでは、何に準拠してこの曲を理解すれば良いのだろうか。一応、この作品は構造らしきものをもってはいる。シューベルトの「さすらい人幻想曲」 や、ベートーヴェンの第九交響曲の第四楽章のように、単一楽 章の緩いソナタ形式の中に、複数の楽章様のセクションを織り込んでいくというスタイルだ(これについては、ケネス・ハミルトンの名著がある)。このソナタ 様構造を意識する事が一つの手がかりともなる。その一方で、その構造と形式は厳密なものではないことも指摘しておかねばならない。それどころか、この曲は 一種の 標題性を持った幻想曲である、と解釈できる余地さえある。

形式があると同時に、幻想曲的な曖昧さをあわせ持つ、という複雑な性格のために、このソナタにおいての表現の自由度は高くなっている。少なくと も、演奏家サイドからはそ のように捉えられてきており、古今東西、多種多様な解釈、演奏スタイルがとられてきた。当然、滅茶苦茶に弾いていいわけではなく、ピアニスト達は スタッドレスタイヤ ブリヂストン ブリザック VRX2 215/40R18 89Q XL & ジースピード P-02 7.5-18 タイヤホイール4本セット 215/40-18 BRIDGESTONE BLIZZAK VRX2、素描の 状態に色づけを行い、全体を設計し、説得力ある作品を完成、提示することを要求される。これは簡単な話ではなく、自分自身でアーティキュレー ション、デュナーミク、アゴーギグ、ペダルの「正しい」組み合わせを膨大な選択肢から選び、曲を構築し、全体的な統一感を持たせなければならない。もし、 演奏家の音楽 性や能力が水準に達しない場合、欠点や問題点があらわに曝され、最悪の場合は全体のバランスが崩壊する。この一点で非常に恐ろしい作品と言えるかもしれな い。

2. 版の問題(楽譜)

この曲の初版楽譜は Breitkopf und Härtel, n.d.(1854)からのものである。現在ではいくつかの誤りが指摘されており、完全には推奨できない。1924年のda Mottaによる旧全集のBreitkopf版では誤りは修正されているものの、da  Mottaの版も自筆譜とは若干異なる変更が見られる。推奨できるのは、2011年にレスリー・ハワードが編纂したペータース版Edition Peters/Liszt Sonata B minir/Leslie Howard (2011)で、巻末の注釈に、リスト本人が1984年に弟子のSzendyに指示した書き込みが含まれている。ただ、これは自筆譜に準拠した版なので、 後年、リストによってなされた変更や指定が全て含まれているわけではない(詳しくはここを参照)。RamannによるLiszt-Paedagogiumが晩年のリストの意図を知るのには役立つだろう。

自筆譜版には、例えばペダルや速度指 定がない。そのため 送料無料 ケースペック DIGICAM デジキャン ワイドトレッドスペーサー 114.3-5H P1.5 40mm 2枚1組 ワイトレ、実際的な演奏に使う版を持つことは有用である。20世紀に入り、ピアニスト達によって、強弱、速度、ペダルなどの変更、追加がなされ た版が多く作られてきた。ザウアー、ジョセフィ、フリードハイム、ダルベール、コルトーらの版が残されており、現在、筆者はニレジハージ版を制作してい る。ニレジハージ版、ザウアー版は、Paedagogiumに書かれた晩年のリストの意図を取り入れているところもあり、その点からも興味深い。


3. 録音史
作品の最も古い録音は、1906年の Hupfeld companyによるArthur Friedheimや、1913年のWelte productionにおけるEugen D'Albertによるものになる。残念ながら、これらはお世辞にも完成度が高いとは言えないピアノロール録音で、通常録音としては、1929年のアルフ レッド・コルトーの録音が世界初録音になる。それ以降 、膨大な数の録音が なされてきた。

かつて英Gramophoneが発行していたInternational Piano Quarterlyのディスコグラフィによると、99年の段階で240録音が確認されている。それから15年が経っており、新旧ピアニスト達の公式録音 に加え、数多くのライブ音源、ビデオが登場している。未発表録音を含めれば、現段階で1000を超える録音が存在していると考えられるが、その全貌はわ かっていない。一応、いくつかの「名盤」「定盤」が存在してはいるものの、批評家達のほとんどは、実はディスコグラフィをきちんと把握しているわけでない から、そういった評価に別段の意味は 無い。


4. 評価方法

ブライン ド・レビューイングは、これからの音楽批評のス タンダードにすべきだ。ワインの評価と同様、演奏もブラインドの状態での評価を行わねば公平な評価は望めない。演奏家名、レーベル、そういった情報 を完全に排除 し、純粋に演奏内容のみで評価を行うべきだ。それがアイドル路線に走っている音楽業界を多少なりとも健全化し、才能ある若い演奏家が出るチャンスをつく り、保守化したリスナーを覚醒させるのではないだろうか。

この観点に基づき、レビュー方法は以下のブラインド方式で行った。

1. 演奏家名を隠した状態で複数の音源をランダムに並べる。音源の数は多ければ多いほどよい。
2. 演奏家名を隠したまま、ブラインドでリスニングを行う。
3. ノートをつけ、レビューを纏める。レイティングを行う。
4. 演 奏家名を明かした後で、必要な情報を加えてレビューを完成。


レイティングについては、やはりブラインド・リスニングに基づき、以下のようにA-Eの範囲で評点した。あくまで評点は一見してわかりやすくするための目 安で、レビュー内容の方が重要。

A: ディスコグラフィを代表すべき優れた演奏から、さらに印象において際立つ少数の録音。

B: ディスコグラフィを代表すべき優れた演奏。内容の充実度においてAとの差は無い。

C: 積極的な高評価を与えるべき優れた演奏。AやBとの違いは、いくつかの小さな問題の存在、あるいはインパクトの差。

D: 良い演奏、平凡な演奏、アラが目立つ演奏。大多数がここに含まれる。

E: 非推奨。


5. ディスコグラフィ・リストとレイティング

Score: Artist (Recording date, Label)

D: Alfred Cortot (1929/3/29, HMV)
D: Vladimir Horowitz (1932/11, EMI)
D: Earl Wild (1940's, Ivory Classics)
A: Simon Barere (1947/11/11L, APR)
C: György Sándor (1947, Columbia)
D: Vladimir Horowitz (1949/3/21L, Sony)
C: Louis Kentner (1951, English Columbia)
B: Maria Grinberg (1952, Triton)
D: Annie Fischer (1953, Hungaroton)
E: Andor Foldes (1953, DG)
D: Gina Bachauer (1954, HMV)
C: Géza Anda (1954, Columbia)
D: Edith Farnardi (1954, Westmineter)
D: [ホイール1本(単品)] CRIMSON / CLUB LINEA L747 (PWHP) 19インチ×10.0J PCD:112 穴数:5 インセット:29Géza Anda (1955/7/22L, Audite)
D: Lazar Berman (1955, Brilliant Classics)
D: Sergio Fiorentino (1955/6/27, Concert Artist)
C: Alexis Weissenberg (1955, Lumen)
C: Ernst Levy (Marsten, 1956)
E: Leonard Pennario (1958, Capitol)
C: Lev Blassenko (1958, Melodiya)
C: Alfred Blendel (1958, Vox)
D: Leon Fleisher (1959/12, Sony)
D: Alexander Uninsky (1959/5/1, Melo)
D: Tamas Vasary (1959, DG)
C: Van Cliburn (1960L, VAI)
D: Jorge Bolet (1960, Everest)
B: Vladimir Sofronitsky (1960/10/11, Melodiya)
D: Emil Gilels (1961/10/10L, Melodiya)
C: Emil Gilels (1961/10/24L, Eclipse music group)
C: Clifford Curzon (1963/9/19, Decca)
D: Gunner Johanson (1963, Album 3)
D: Mirka Pokorna (1964, Eterna)
E: Arthur Rubinstein (1965/4/19, RCA)
A: Sviatoslav Richter (1965/5/18L, Palexa)
E: Jeanne Marie Darre (1965, Vanguard Classics)
D: Julian Von Karolyi (1965, Orbis)
D: Sviatoslav Richter (1966/6/21L, AS Disc)
D: Emil Gilels (1966/7/20L, Music and Arts)
D: Sviatoslav Richter (1966/7/25L, TNC)
D: Fausto Zadra (1966, Geneve)
D: Tatyana Nikolayeva (1967L, Vogue)
D: Jorge Bollet (1968/1/10L, Berlin)
D: Georges Cziffra (1968/1/30, EMI)
D: Ivan Davis (1968, Audiofon)
A: Claudio Arrau (1970/3/19, Philips)
D: Arthur Moreira-Lima (1970, Melodiya)
C: Martha Argerich (1971/6, DG)
B: Alexander Slobodyanik (1971, Melodiya)

【送料無料】 145/80R13 13インチ G-CORPORATION ムービンカフェレーベル YOKOHAMA スイングハート 4.5J 4.50-13 MICHELIN ミシュラン エナジー セイバー サマータイヤ ホイール4本セット カヤバ


D: Rafael Orozco (1972, Philips)
C: A-TECH/SCHNEIDER StaG アルミホイール 1本 シエンタ 80系 【15×5.5J 4-100 INSET40 ストロングガンメタ】Nelson Freire (1972, Columbia)
D: Jorge Bolet (1972/1, AS Disc)
A: Cyprien Katsaris (1973, PIANO21)
D: France Clidat (1974, Véga)
E: Eric Heidsieck (1974, Charlin)
C: Yuri Boukoff (1974, BOURG)
B: Lazar Berman (1975, EMI)
A: Alicia de Larrocha (1975, Decca)
E: Ted Joselson (1975, RCA)
B: Valery Afanassiev (1976, EMI)
D: Claudio Arrau (1976L, Music & Arts)
D: Anton Kuerti (1976, )
D: Vladimir Horowitz (1977L)
D: Vladimir Horowitz (1977, RCA)
C: Claudio Arrau (1977/11L (Tronto) Marston)
D: Bruno-Leonardo Gelber (1977, EMI)
C: Vladimir Horowitz (1978/3/19L)
D: Terrence Judd (1978L, Chandos)
C: Daniel Barenboim (1979, DG)
B: 14インチ サマータイヤ セット【適応車種:プレオ(L275、285系)】HOT STUFF クロススピード ハイパーエディションRS9 グロスガンメタ 4.5Jx14エナセーブ RV504 155/65R14Alfred Brendel (1981, Philips)
D: Pascal Devoyan (1981, Erato)
C: Jorge Bolet (1982/9, Decca)
D: Claudio Arau (1982, Orfeo)
C: Bernard d’Ascoli (1982, Classics for Pleasure)
D: Murray Perahia (1983L, Stanford U)
D: Nicola Economou (1983L, Loft production)
D: Mikhai Pletnev (1984/1, Melodiya)
D: John Browning (1984/9, DELOS)
D: Francois-Rene Duchable (1984, Erato)
D: ▼フロントロアアーム▼ホンダ パートナー EY8 右用Shura Cherkassky (1985/9L, Decca)
D: Shura Cherkassky (1985, Nimbus)
A: Minoru Nojima (1986/12, Reference)
D: John Ogdon (1987L, Briliant Classics)
D: Elisso Vlirsaladze (1987/10/22L)
E: Daria Telizyn (1987, Claudid)
C: Maurizio Pollini (1988/5, DG)
C: Mikhail Pletnev (1989, DG)
D: Enrico Pace (1989)
C: Arnoldo Cohen (1989/7, IMP)
A: APP ブレーキホース スチール [スターレット EP71] ステンメッシュブレーキホース ブレーキライン スチールエンド 新品Radu Lupu (1990/5/8L, Private)
C: Jenő Jandó (1990, Naxos)
D: Dezső Ránki (1990, Harmonia Mundi)
D: Krystian Zimerman (1991, DG)
D: Ivo Pogorelich (1993, DG)
A: Andre Laplante (1995, ANALEKTA)
C: Sergio Fiorentino (1997/10, APR)
E: Ronald Smith (1997, APR)
C: Stephen Hough (1999/11, Hyperion)
E: Alexei Sultanov (2000L)
C: Fazil Say (2001/4, Teldec)
C: Arnaldo Cohen (2003, BIS)
C: Yundi Li (2003, DG)
D: David Fray (2006, ATMA)
E: Polina Leschenko (2007, Avanti Classic)
C: Yuja Wang (2008/7/29L, Medici TV)
E: Garrick Ohlsson (2009, Naxos)

D: Hélène Grimaud (2010/9L, DG)
D: Marc-André Hamelin (2011L)
E: Khatia Buniatishvili (2011, Medici TV)
E: Danil Trifonov (2013/1/10L)
6. ブラインド・リスニングによるレビュー

こ の曲の多面性のため、評価が完全に割れるものも多く出てくる。音楽の中の何を重視するかで評価は変わってくるから だ。

筆者においては、音楽の流動性、構成、フレージング、そういったものの合理性を重視している。こ の曲には多様な スタイルでの表現が可能だと思うので、スタイルの是非で評価するのではなく、それぞれのスタイルの中で音楽的な合理性があるか、技術的な水準はどうか、フ レーズ処理、テンポ設定は前後の流れの中で適切か、表現は十分行っているか……こういった点を総合的に判断した。ミスタッチに関しては、よほど顕著で演奏 に影響している場 合か、和声や旋律が変わってしまっていない限り、言及はするが特に問題としていない。なお、楽譜については、レスリー・ハワードのペータース版(Liszt Sonata B minir/Leslie Howard (2011), Edition Peters)を基準としている。

D: Alfred Cortot (1929/3/29, HMV): アルフレッド・コルトー

冒頭の10小節目にある三連音の下降音型がつぶれてしまっている 事からもわかるように、技術的欠陥が顕著な演奏。比較的あっさりと始まるが、すぐに独特のルバートを駆使しつつ、粘りのあるフレーズでだめ押しをするよう に進行する。音楽 がその場で生成されていくような生々しさがある一方、細部は粗く、そこかしこで地雷を踏んでいる印象。ただ、歌心が豊かで、感情を込めつつ、曲に登場する 多種多様なフレーズに応じた奏法 で聴かせる。アンダンテ・ソステヌート(331小節)は、右手と左手を微妙にずらしつつ、ルバートをかけて恣意的、大時代的に演奏している。

ディスコグラフィ・リストに戻る
D: Vladimir Horowitz (1932/11, EMI):ヴラディミール・ホロヴィッツ

癖のある弾き方で、大時代的な崩しがある。耳につくベース 音の強調と、少なくないミスタッチ。10小節目から出てくる下降三連符直前のタメが短いのが、この時代のピアニストらしい。105小節Grandioso直前からは粘りのあるリズ ムが登場 し 【補修用*HDK新品ドライブシャフトASSY*右側】 マツダ AZワゴン MD11S F6Aターボ 1998年10月~1999年10月(ABS付車) * 純正番号 1A09-25-020A 相当品、Grandiosoはしっかりとルバートをかけて歌う。125小節のdolce con graziaからは非常にロマンティックで表情豊か。密やかな空気が良い。バレルのように流麗にフレーズをつなげるのではなく、むしろ、表現上のメリハリ を強調しているのが特徴。自在にテンポは伸縮するが、それが軽く、即興的に行われている印象があり、予めデザインされたという感じではない。フガート以降 も強弱を変えたり、多彩なタッチを使用しており、華麗でピアニスティックに展開。555小節のスフォルツァンドをppに改変している。

ディス コグラフィ・リストに戻る
D: Earl Wild (1940's, Ivory Classics):アール・ワイルド

明快で豪快なスタイル。優れたテク ニックで比較的インテンポで進めて行く、表現主義とは対極の演奏。音色の変化はあまり無く、比較的ドライなタッチ で弾かれている。平板な印象を受けるものの、音楽の柄は大きい。激しいところはあっけらかんと、美しい箇所は若干白痴美的。セクションのつなぎも乱暴。技 術的にはよく弾かれてはいるものの、あまり後に残るものが無い演奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る
A: Simon Barere (1947/11/11L, APR):シモン・バレル


ディス コグラフィ・リストに戻る
C: György Sándor (1947, Columbia):ジョルジュ・シャンドール

この演奏の最大の特徴はテンポとフ レージング。自由自在。Allegro energicoは快速に弾かれているが、大きなフレーズの力学の中で音楽を作っており、強拍と弱拍が明快になっている。そのため、速いテンポでも彫りの深さが失われてい ない。叙情的な箇所でも同じで、常にフレーズからフレーズのつなぎが意識されている。演奏者自らの呼吸と共に音楽が息づいてることで、急激なテンポ変化で も音楽が自然さ を失わない。細部の仕上げには粗いところもあるし、後半は若干弾き飛ばされている感もある。だが、豊かな歌心、わき上がる感興、めくるめくような展開には 独自の魅力がある。フルトヴェングラー的な一面を持つ演 奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る
D: Vladimir Horowitz (1949/3/21L, Sony):ヴラディミール・ホロヴィッツ

デモーニッシュな演奏で、ところどころオクターヴを加えるなどの改変を加えている。10小節目の下降三連符のリズムは良く、引き締まっているが、この音型が何度か繰り返される際にはリズムの崩れがある。ダイナミックレンジは巨大で、中間部はアルペッジョを多用した大時代的な奏法で盛り上げている。ミスタッチは多く、指がもつれた り、記憶喪失に陥る瞬間が2-3箇所ある。フレーズが変わってしまっているのは愛嬌として、 なんと290小節からいきなり313小節まで飛んでしまう。フガートはゆったりと始まるが、徐々に加速。555小節のスフォルツァンドをppに改変している。非凡さを感じさせる箇所も多いが、この夜は全体的にピアニストの集中力、忍耐力があまり 良くないように感じる。

ディス コグラフィ・リストに戻る
C: Louis Kentner (1951, English Columbia): ルイス・ケントナー

レスポンスの悪そうなピアノの音だ が、演奏は良い。デモーニッシュではないし、圧倒的な迫力は無いものの、柔軟なリズムを駆使した、流麗で美しい演奏。ルバート、テンポ変化が自然で無理が ない。技術的にも十分高いものを持っており、内面から湧き出た音楽が、技術的限界に足を引っ張られずにそのまま提示されている印象がある。

ディス コグラフィ・リストに戻る
B: Maria Grinberg (1952, Triton):マリア・グリンベルグ

「柔」の演奏。そこかしこに、ピアニストの卓越 した感覚美とバランス感覚を感じさせる。大きなパルスの中でフレーズとフレーズを連関させ、流麗に音楽 を進行させて行く手法が大変魅力的。耽美的な表現も魅力的で自然。一言で練達の演奏で、フレーズの力学を考えつつ、自然な推進力を与えるセンスの良さは若 い頃のカラヤンに似ている。技術も大変安定している。ただ、時折オクターブの速いパッセージの動きがぎこちない箇所があるのと、ところどころ間違った音 (単純なミスタッチには聴こえ ない)を弾いており、和声が変わってしまっている箇所が2-3カ所ある。細かい事を言わなければ大変高レベルの演奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る
D: Annie Fischer (1953, Hungaroton):アニー・フィッシャー

調律のせいか、楽器のレスポンスがあ まり良く無い。演奏は明快なスタイルで、フレーズの力学にそってきちんと弾かれている。ルバートやペダルは節度 を持って使われている。叙情的な箇所はしっかりしたタッチでストレートに歌い上げているのがユニーク。ピアノの奏法に大きな変化がないせいか、複雑な構造 を持つ楽曲であるにも関わらず、全体の統一感が失われることがない。ダイナミックレンジは広くなく、フガート以降は技術的に洗練されているとは言いがた い。フガートまでならCに値する。

ディス コグラフィ・リストに戻る
E: Andor Foldes (1953, DG):アンドール・フォルデシュ

若干芝居がかかっているテンポ変化。 オクターブを軽いタッチで弾いている。フレーズ処理が適切でなく、ブツブツとフレーズが途切れるのと、音楽の大 きさが出ていない。125小節dolce con graziaも軽い。良く考えられて弾かれているように聴こえない。快速の箇所も音の彫りが浅く、細部も弾き飛ばされている。アンダンテ・ソステヌート (331小節)は じっくり弾いているが、急激なテンポ変化に必然性があまり感じられないのは、やはりフレーズの起承転結の処理に問題があるから。フガート以降も音の表面を なぞっているだけ。技術的、音楽的の両面で水準以下の演奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る
D: Gina Bachauer (1954, HMV):ジーナ・バッカウアー

ストレートな弾き方。極端なルバート をかけず、穏やかな表情。音色や奏法の変化は少なく、メリハリにはかけるものの、安定した技巧を駆使した華麗な 美しい演奏ではある。壮大な箇所も過不足なく盛り上げており、叙情的な箇所も清澄。フガートも適度に力が抜けており、快適。ただ、非日常的な空気、デモー ニッシュな雰囲気は無いため、場所によっては緊張感に欠ける箇所も無いではない。

ディス コグラフィ・リストに戻る
C: Géza Anda (1954, Columbia):ゲザ・アンダ

調律がわるいのか、ぼやけたレスポン スの悪い音。快速のテンポ、軽めのリズムで開始。Allegro energicoの前半でフワーッと音楽が盛り上がるのが印象的。3連符の下降音の前のタメが短い。表情が濃く、153小節cantando expressivoではかなり粘っている。表情のメリハリをかなりはっきりつけているが、不自然な感じはしない。スピード感もある。足りないのは迫力、 キレ、強靭な打鍵で、これは意図して避けられている面もあるし、技術的なものもあるかもしれない。フガート。スピード感があり、技術 的にも安定している。叙情的な箇所ではやはりじっくりとテンポを落としているが、弾きぶりにはロマン主義ではなく、醒めた視点が感じられる。若干手慣れた 印象はあるし、軽すぎる箇所もあるが、完成度は高い。

ディス コグラフィ・リストに戻る
D: Edith Farnardi (1954, Westmineter):エディト・ファルナディ

冒頭からテンポの変化がある。10小節目の三連符 の下降 音型のタメ、キレはあまりよくない。技術は水準以上だが非力のようだ。フレーズ処理はうまく、105小節Grandiosoも壮大さがあって良い。テンポ変化は激し いが、変化が自然で感興と密接にリンクしているので違和感が無い。125小節dolce con graziaはフレーズ処理が巧みで、流麗ですこぶる美しい。緩急のメリハリは非常によくついているが、若干極端すぎる感も無いではない。アンダンテ・ソ ステヌート(331小節)はたっぷりとしたルバートをかけ、静かに歌っている。フォルテッシモの箇所でも音量は上がっていないが、音楽の大きさは出てい る。フガートは速め。 フガート以降では音楽が流れすぎている箇所もあり、垂直方向の強さみたいなものが欲しい。この箇所は軽すぎる。グランドスタイルからは対極で、デモーニッ シュな側面はあまり無いものの、叙情面を中心に様々な魅力を持つ演奏。

ディス コグラフィ・リストに戻る
D: Géza Anda (1955/7/22L, Audite):ゲザ・アンダ

リズムやアクセントに独特の鋭さを感じさせる。速めのテンポの中で、かなり細かく表情をつけている。醒めており [Projectμ] プロジェクトμ ブレーキパッド Bスペック リア用 ファミリア BJ5P(2WD) BJ3P BJEP 98/4~00/9 リアディスク 1.3~2.0L 本州は送料無料 北海道は送料500円(税別) 沖縄・離島は送料1000円(税別)、タメはあまりつけず、比較的インテンポで スピード感を保ったまま進行。これといった特徴は無いし、若干手慣れた印象はあるものの、キレのよい高い技術と骨格のしっかりとしたリズムによって、演奏 に説得力は与えている。

ディス コグラフィ・リストに戻る
D: Lazar Berman (1955, Brilliant Classics):ラザール・ベルマン

残念ながら、演奏を楽しむ以前にピアノの音にエッジが効いておらず、レスポンスが悪くてぼやけた印象。その変わりに柔らかい雰囲気があり、叙情的な箇所の 深沈たる表現も良い。スピード感も十分あるし、音楽的にも充実しているようなので、もう少しピアノが良く調整されていれば、と思う。
















































555小節のスフォルツァンドをppに改変している。



555小節のスフォルツァンドをppに改変している。



例えば、ホロヴィッツの録音の中では唯一、555小節のスフォルツァンドをppに改変していない。個人的にはこの箇所をppにする音楽的必然性を感じないので、

【送料無料】 145/80R13 13インチ G-CORPORATION ムービンカフェレーベル スイングハート 4.5J 4.50-13 MICHELIN ミシュラン エナジー セイバー サマータイヤ ホイール4本セット

、この判断は好ましい。















































ホイール4本セット 4.5J スイングハート 145/80R13 G-CORPORATION MICHELIN 【送料無料】 ホイール4本セット ムービンカフェレーベル セイバー サマータイヤ 4.50-13 エナジー ミシュラン ムービンカフェレーベル 13インチ


            
Go back to Intermezzo

{yahoojp} {fugue.us}
{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-37473