「音名」は音の固有名称。「階名」は調のなかで、音についた名称。「音名」は「ド」は「ド」ですが、「階名」は「ド」はハ長調では「ド」ですが 【★送料無料】 【フォレスター SG カキモト 柿本改】Kakimoto R フォレスター STI〈TA-SG9〉、ト長調では「ファ]と呼ぶ場合があります。これが「移動ド」です。調によって変わらない「固定ド」もあります。

吹奏楽部に入っている人で「?」と思ったことは無いですか?フルートは「ド」は「ド」ですが、トランペットやクラリネット、ホルンなど、ほとんどの楽器が「ド」というと SHINKE N-BOX J1/J2 リアスポイラー 【jufarre】 塗装済 クリスタルブラック・パール、違う音を出してきます。楽器の音域に合わせて作っているので、そういう事がおきます。そんな時は「固定ド」で話さないと、面倒なことになりそうですね。

「音名」を答えなさいという場合、「日本音名」を答えます。「ド・レ・ミ」が「ハ・二・ホ」となります。「日本音名」があると言う事は、他の国の音名もあります。英・米・独・仏それぞれの国で発音は変わりますが、表記の仕方はとても似ています。コードネームなどで、ご存知の方もいるでしょう。

「階名」で答えなさいという場合は、「ド・レ・ミ」で答えます。「固定ド」で答える時は CRIMSON(クリムソン) CLUB LINEA L747S (クラブリネア L747S) 19インチ 7.5J PCD:120 穴数:5 inset:29 DISK TYPE:LOW カラー:ブロンズクリア [ホイール1本単位]/H、「ド」は何調でも「ド」です。「移動ド」で答える時は、「ド」は調によって「ソ」や「ファ」などに変わります。よく問題を見て答えましょう。

日本音名で答える時に「シャープ」や「フラット」をそれぞれ「嬰」「変」といいます。
ダブルシャープは「重嬰」ダブルフラットは「重変」です。なんか、変ですね。