>  > EXCLUSIVE ZEUS エスティマ ACR・GSR AERAS用 後期 GRACE LINE Rear Under Spoiler 4本出し用 素地

アーバニズム(urbanism) urbanism UNJ-048W レディースソフトシェルジャケット BLACK S【smtb-s】 > 【USA在庫あり】 パーツアンリミテッド Parts Unlimited スターター KTM 450 2110-0683 JP店 > 

陸上航空の教育訓練、運用、装備、安全等に関する米軍情報の発信源

EXCLUSIVE ZEUS エスティマ ACR・GSR AERAS用 後期 GRACE LINE Rear Under Spoiler 4本出し用 素地

地上滑走に移行するための準備を行っていたAH-64Dが、左方向135度への制御不能の旋回(テールの右方向への振れ)に陥り、洗機場の縁石に衝突した後 OKADAPROJECTS インプレッサ GG系 PLASMA SPARK GGC/GGD、駐機中の他機と接触した。

当該機の任務は、訓練演習を支援する搭乗員が到着する前に、飛行前点検、地上試運転およびエンジン性能の確認(HITチェック)を実施し、支援準備を完了することであった。天候:スキャッタード(千切れ雲)1,800フィート、穏やかな風、気温摂氏30℃、気圧高度29.81インチであった。当該任務の実施は、

EXCLUSIVE ZEUS エスティマ ACR・GSR AERAS用 後期 GRACE LINE Rear Under Spoiler 4本出し用 素地独特な店

、口頭により中隊長の承認を受けていた。リスク評価ワークシートは記載されておらず、ブリーフィングも実施されていなかった。

当日の勤務は 、現地時間0330に開始され 訓練演習を支援するための飛行準備を開始した。現地時間0900、当該機の搭乗員が実施予定だった任務が中止になった。現地時間0950、当該機の搭乗員は、別の搭乗員が使用する航空機に向かい その飛行準備を開始した。

地上試運転中、機付長がテール・ホイールがアンロック状態で、真っすぐになっていないことを報告した。機長(Pilot in Command, PC)は 機体を一旦後退させた後、前進させながらテール・ホイールのロックを試みる 、と答えた。現地時間1006、機体を後退させようとしてPCがサイクリックを引いたところ、機体が左方向に旋回し始めた。機体は、、左方向135度への制御不能の旋回に陥り、洗機場の縁石に衝突した後、駐機中の他機と接触した。当該機は大破し、他の9機の機体が損傷した。また、1名の人員が軽症を負った。

EXCLUSIVE ZEUS ヴェルファイア エスティマ ACR・GSR AERAS用 右用 後期 GRACE LINE Rear Under Spoiler 4本出し用 素地

後方座席に搭乗していたPCは、総飛行時間628時間 AH-64Dで537時間、機長として196時間の経験を有していた。前席に搭乗していたPI(Co-Pilot, 副操縦士)は、総飛行時間287時間、AH-64Dで203時間の経験を有していた。

考 察

機体の機首方位(ヘディング)をペダルでコントロールする場合、操縦しているパイロットは、旋回速度(ヨー)を適切に維持できるようにペダルを操作(ペダル・インプット)しなければならない。機体を旋回させる際には、必要に応じ、横方向にサイクリックを操作して胴体の水平姿勢を維持しつつ 左または右のペダルを使用しなければならない。旋回速度の調整は 15インチコペン/N-WGN/デイズWAREN W03 4.5J+45 4-100 [ホイールのみ4本][特価品][送料込み]、アンチ・トルク・ペダルへの圧力を加減することにより行う。テール・ホイールがアンロック状態にある場合には、ペダルで機体のヘディングを制御しつつ 15インチekワゴンH82WENKEI オール オールフォー KCR パールホワイト 5.0Jx15ヨコハマ Sdrive ES03 165/50R15、サイクリックで機体を水平に維持しなければならない。注意:テール・ホイールがアンロック状態のまま、後退した場合、テール・ホイールのトレーディング・アームが180°旋回し、瞬間的にヘデングが不安定になる可能性がある。テール・ホイール・カムに過大な負荷が加わるため、ホイールが急激に旋回しないように注意すること。

なお ▼フロントロアアーム▼トヨタ グランドハイエース VCH16W 左用、駐機スポットおよび洗機場や整備区画などは、UFC(Unified Facilities Codes, 統一施設規格)に準拠して設置するしなければならない。UFCの規格によりがたい場合は、正規の手続に従い、危険見積および対策を含む文書を作成することが必要である。

出典:FLIGHTFAX, No.55 March-May 2017, U.S. Army Combat Readiness/Safety Center

翻訳:影本賢治, アビエーション・アセット

備考:本記事の翻訳・掲載については、出典元の承認を得ています。

アクセス回数:1,846

{yahoojp}jpprem01-zenjp40-wl-zd-68628